オンラインショッピング

お店に入る




オンラインショップを開くにあたって

毎年、ジャワ(インドネシア)に行く毎にバティックの変化に驚きます。
バティックとは伏せ蝋(蝋を使って防染すること)をし、染めで模様を染め出した布で、プリント布はバティックでは無くバティック柄布であると定義されていました。しかし現在9割近くはプリント布になっていると言ってもいいでしょう。
そのプリント布も技術が高度になり見分けが困難になってきています。
その中で、今でも伝統的な手法を守りバティックを作り続けている工房が各地に残っています。ただ、それらの布はほとんど流通ルートに乗らないためこれらの貴重な工房は存亡の危機にあるとも言えます。
伝統的な技法、色、柄をアレンジすると今の私たちの感性に応えるものとなります。
私は自分自身の作品の制作と並行してこれらの布を使ったバッグ、衣類、クッション等を紹介したいとオンラインショップを開きました。
                            伊藤 ふさ美