バティックとは

バティックとは

バティックは、インドネシアのジャワ島、マドラ島、スマトラ島の一部で作られてきたロウケツ染めの布で、日本では「ジャワ更紗」の名で親しまれてきました。私たちが「更紗」呼んでいる布には、ジャワ更紗のほかに、インド更紗、シャム(タイ)更紗、ペルシャ更紗、ロシア更紗、ヨーロッパの銅版更紗、目本の和更紗があり、それぞれ制作された国も技法も異なりますが、共通していることは、鮮やかな色彩で異国情緒あふれる花、鳥、人物などが、主に木綿に染められたり、描かれていることです。もともと「さらさ」という言葉は外来語で、室町時代末期にポルトガルやスペインとの問で始まった南蛮貿易によって、鎖国後はオランダ船によって入ってきた布の総称です。 その中でもジャワ更紗は、ロウケツ染めの技術を追求し、駆使し発達した布で、そのインドネシア語の「バティック」はロウケツ染めの世界共通語のように使用されるようになりました。これは、バティックが世界の伝統染織のなかでも高く評価されてきたからですが、「バティック」の語が確認され、ロウケツ染めを意味して用いられたのは18世紀後半になってからです。18世紀以前の文献がほとんどありませんので、作られていたとしても、どのような布であったかはわかりませんし、現存するジャワ更紗の実物資料も大半は19世紀以降とされています。しかし、そのバティックが、19世紀には急激にジャワ島全体で制作され、インドネシアやその周辺地域に大量に送り出され圧倒的な存在感を示します。その制作民族は、ジャワ人を主としたインドネシアの原住民族、ジャワ島に移住した中国、アラブ、ヨーロッパの人々と多国籍に渡り、異文化が交錯し、影響を与え合い、模様の上にそれぞれの特色が表れていきます。そして、古代ジャワから現代までの文化、宗教、民話、自然、事物、流行とあらゆるものをとりいれアレンジをします。私たちが考えつかないような組み合わせがあり、自由であるかと思えば格式を重んじた制約もあります。このようにバティックは色彩や模様、その構成は多様を極めますが、伝統的なデザイン様式は制作地によって大別することができます。






一般的なバティックの制作工程

一般的なバティックの制作工程

一般的なバティックの制作工程