一般的なバティックの染色工程


@
ロウ描き
白生地を用途に合わせて裁断したのち、布に蝋描きしやすくするため下処理をする。模様の輪郭線を鉛筆などで下書きしたのち、チャンチンを使用し模様の蝋描きをします。
A
伏せロウ
伏せロウ
模様の輪郭線、内部模様、点描の蝋描きが終わると、白く残したい部分に伏せ蝋をします。
B
染色
一回目の染色をします。濃淡をつける場合は薄い色から染色していきます。
C
ロウ伏せ
染色
染色を繰り返しますが、残したい色の部分に蝋伏せをし、色を重ねていきます。同じ系統の色はこのように仕上げますが、違う色を入れたい場合は@〜Dを繰り返します。
D
ロウ落とし
染色が終わると布を熱湯の中に入れ、蝋を煮溶かします。

※ 上記は染色の基本的な流れであり、地域・品質・価格によって工程は変わります。

※ バティックの工程は基本的に、「蝋描き」「染色」「蝋落とし」の繰り返しです。


制作工程に戻る